コミュニケーション能力向上委員会

なんで何度も聞き返されるんだろ

上司に報告時、

「で、結局何?」とか
「何がいいたいのかわからない」
指摘されることありませんか?

一生懸命伝えていても、
まったく伝わってないと
落ち込みますよね。。。

では、どうしたら
相手に伝わる話し方ができるのでしょうか?

伝えたい事が伝わらない原因って?対策のポイントは?

時系列で話している

上司に報告した時。

一生懸命伝えているのに、
「で、結局何をいいたいの?」
言われてしまうアナタ。

伝えたいことを時系列で話していませんか?
実は、時系列どおりに話すことでかえって相手にストレスを与えている可能性があります。

なぜなら、時系列どおりに話すと
相手は最後まで話を聞かないと、

・報告なのか
・相談なのか
・確認なのか

が分からず、
話の着地点が見えずイライラしてしまいます。

また、たいていの上司は多忙です。
緊急性や重要性が伝わらないと「後で聞くから」と取り合ってもらえないこともあるでしょう。

つい時系列につたえてしまう。
「正確に伝えなきゃ!」という思いが強い、真面目な人ほどこの傾向は多い気がします。

解決策としては
「とにかく結論」を明確に伝えましょう。
「○○部長!報告です」
「○○課長!△△の件で急ぎの相談です」など。

こうすることで、相手は回答内容を考えながらあなたの話を聞くことができます。

自分が話したい事を話している

もしかしたら・・
普段、あなたは
自分が話したいことを話してませんか?

「え?当たり前じゃん」と
思った人は要注意です(^^;

実は、「伝え上手」な人は
「自分が話したいこと」ではなく、
「相手が知りたいこと」を意識して話しています。

もちろん、
自分の話したいことを話すのが
ダメと言っている訳ではありません。

” 一方的に ”話していないかどうかがポイントです。

ちょっとイメージしてみてください。


アナタが
一方的に自分の話したいことを
話してくる人の話を聞いているとき、
アナタの心の中はどうなっていますか?

「興味ないなぁ」とか、
「その話、別に聞いてないんだけど・・・」

と、心の中でつぶやいてませんか・・・?


自分が話を聞く立場になって
考えてみるとわかりやすいですよね。

ではどうすればいいのか?

まずは、あなたの話を「聞きたい!」と
思ってもらえるように相手に聴く姿勢をつくってもらうことが重要になります。

気を付けて

聴く姿勢が取れていないところでは、
何を話しても「聞き流される」か「イライラされる」だけです。

だからこそ、何かを伝える前には
「相手が知りたいことは何だろう?」
という質問を”自分に”するようにしましょう。

この質問を通して、
相手が知りたいことを意識することで、
寄り添う気持ちが相手にも伝わり、安心感を与えることができます。
その結果、聴く姿勢ができて自分の話を聞いてもらえるようになります。

相手が話を聞いてくれるようになって初めて
自分の伝えたいことがスムーズに伝わるようになるのです。

これまでそっぽを向いてた人が
前のめりになって話を聞いてくれるようになったら最高ですよね(^^♪

そもそも信頼関係が築けてない

「伝えたい事が相手に伝わらない原因と
信頼関係って、関係あるの?」と、

疑問をもたれる方が
いらっしゃるかもしれませんが…

実は大いに関係するんです!

なぜなら、話し方がうまくても
相手との信頼関係が構築できていなければ、
伝える情報にいくら筋が通っていても素直に受け取ってもらえないからです。


学生時代を思い出してください。

嫌いな先生の授業を聴いてましたか?
・・たぶん寝てましたよね(笑)

逆に、好きな先生だったら
真剣に聴いていたはずです。
このように人は感情の動物なのです。


いくら正しい事を言っていても、
それが論理的に間違っていなくても、
相手の感情がNOならあなたの話もNO。

そのため、上司や同僚との信頼関係がしっかり築けていないところに伝え方のテクニックは通用しません。

だからこそ、相手と信頼関係を築くことが
重要なのです。

あなたの上司や会社はコミュニケーションを教えてくれますか?

業務中のミスで怒られてしまった。。
報連相がうまくいかないために納期が遅れ、
お客さんや会社の人に怒られてしまった。。。

そんなとき。
「なんでもっと早く知らせなかったんだ!」
と怒られはしても、「じゃあ、ここから得られることは何だったのか」「次はどう伝えたらいいのか」を教えてくれる人はほとんどいません。

なぜなら、上司も、相手に伝わるための
「考え方や伝え方(具体的な方法)」を知らないからです。

多くの企業は、業務知識は教えても
「人との接し方」や「コミュニケーション」のノウハウは持ち合わせていないのが現状です。そのため、解決するには自分で勉強するしかありません。

あなたの上司や会社はコミュニケーションを教えてくれますか?

(社)日本経済団体連合会の調査によると
コミュニケーション能力は「採用時に要求される基礎能力」として、13年連続で選考重要視要素No.1を維持しています。

多くの企業に必要とされながら、教わる機会がない「コミュニケーション能力」。

「コミュトレ」は日本でも数少ないお仕事に特化したコミュニケーショントレーニング環境で、継続的な反復訓練によって「職場で使える」能力を身につけます。

累計受講者数のべ88563人、講義回数3500回の実績があり、平成18年度には新宿区優良企業表彰にて「経営革新賞」を受賞しています。

コミュニケーション能力にセンスや性格は関係ありません。誰でも、いつからでも身につけられる事を知ってもらうために、1対1の個別アドバイスを行っています。

・そもそもコミュニケーション能力とは?
・コミュニケーション能力を身につけると どうなるのか?
・最短で身につける方法とは?

上記について無料でアドバイスしています。

<コミュニケーション能力向上の無料アドバイス>を今すぐチェックする⇒